おまもり展


毎年12月に奈良で開催している「おまもり展」のブログです。
by omamoriten
プロフィールを見る
画像一覧

感謝!

e0255335_23274831.jpg

第2回目となる『おまもり展II』が
無事に盛況に終了いたしました。
ご来場いただいた皆様、見守ってくださった皆様、
ありがとうございました!!!

e0255335_23214465.jpg

最終日の午後6時頃の様子です。
この後、終了時刻の8時まで、
大勢の人に展を観ていただくことが出来ました。
あれよあれよと言う間にお片づけの時間になり、
参加作家7人で乾杯をしてお開き。
7人全員が揃ったのはこの最終日が初めてでした。

e0255335_23345567.jpg

2階に鎮座していたガネーシャ。
その視線の先に何を見ていたのでしょう。
ガネーシャはtomoffさんの作。

e0255335_23365426.jpg

2階の奥の祭壇に降臨なさった不思議なオブジェ。
古荘桃野さんがずっと以前になんとなく創ったというものです。
12月は新年を迎えるための「卵のような月」なので、
『おまもり展II』のシンボルとしてオブジェがあればいいね、
そんな話をしていたら、古荘さんが「こういうものを創ったことがある」と、
写真を送ってくださったところ、ドンピシャリ。
展覧会のシンボルとして崇めさせていただくことに。
わざわざ創ったのではなく、
もともとあったというのが神がかりです。

『おまもり展II』の搬出作業が始まった時、
参加作家から口々にこんなことばが漏れました。
「また来年、『おまもり展』が出来るといいね」
「一年の成果を発表できる場になるといいな」

どうか、来年も第3回目となる『おまもり展III』を開催できますように。
たぶん、会場は奈良になるでしょう。
大阪・日本橋のアバンギャルドなギャラリー「亜蛮人」さんで、
5日間開催した『おまもり展II』で、
たくさんの刺激と、たくさんの感動をいただきました。
学んだことがたくさんあります。
もっともっと切磋琢磨し、
一回り大きくなっていつかまた「亜蛮人」に還ってきたい。
期待に胸が膨らむ卵のような『おまもり展II』に感謝!

また『おまもり展』で会いましょう。

Blog Top
[PR]
by omamoriten | 2012-12-14 23:51 | 第2回 おまもり展の様子
カテゴリ
最新の記事
出展作家の紹介
at 2018-11-09 00:25
おまもり展八のご案内。
at 2018-11-08 23:06
平成30年も開催します
at 2018-08-04 14:54
おまもり展七の思い出
at 2018-03-29 00:32
今年もあります! 好評の「お..
at 2017-11-28 13:14
メモ帳
以前の記事
その他のジャンル
画像一覧